スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ep.根暗引きこもりでも染め直しは大事

染め直し

髪を染めなすのはほぼ月1、美容室だとカットと染め直し諸々で14000円~16000円(金額は店による)くらいかかるので、セレブじゃないのでww

自力で染め直す

元々高校卒業してから、ずっと染めてきてて今更黒髪なんて絶対無理と思ってる妙なこだわりを持ってるお陰で、自力でも手間暇かかっても染め直すのがもはや「習慣」みたいになってます。例えるなら…みんなが朝昼晩と食後の歯磨きを欠かさないのと同じ感じ。

そこで、今日は染め直しついでに【手軽な染め直し手順】とアイテムの紹介

まず、わたしが自力で染めるために使っているのがビューティーラボ ホイップ泡カラーシリーズ。これは本当に一人で安上がりに染め直したい人にオススメ。染めムラも無く、粉と液剤を容器に入れて振って泡が出来たらシャンプーする要領でワシャワシャ塗ってくだけ。これで一度生えてきた黒い部分と染まってる箇所を染め直して統一する。

 ※ちなみにバージンヘアー(一度も染めたりパーマをやったことない人)は一度じゃそんなに染まらないかと思うので、そのへんは仕上がり具合を見て2度3度使って明るさや色を調節してください。 

そして綺麗に染め直せたら、次は好みにもよりますがMANIC PANICを使います。わたしは前に記事にもしましたがMANIC PANICでは主にピンク系か赤系を使ってます、もちろん、最初に上げたビューティーラボ ホイップ泡カラーもピンク系を使い

色の組み合わせが変にならないように合わせる

これはファッション同様に、色の足し算は大事ですねww最初のホイップ泡カラーでアッシュ系にMANIC PANICのピンクを入れればアッシュ系ピンク、ホイップ泡カラーでピンク系にMANIC PANICのピンクを入れれば、鮮やかなドっピンクになるといったとこでしょうか。

 ※但し、MANIC PANICの発色を良くしたい方は泡カラーといった生ぬるい染め粉は使わず、思いっきり脱色する染め粉を使用した方がいいです。 

そして冒頭にも書いてましたが、美容室だとカットと染め直し諸々で14000円~16000円(金額は店によりけり)ですが自力で染めれば4000円(ホイップ泡カラー+MANIC PANIC)ほどで収まります。あらかじめ、カットは美容室や美容院、または床屋…もしくは自力カット?wで済ませておいた方が染めやすく、MANIC PANIC1つで節約して2回または3回と使えます。

以上、わたしが愛用するビューティーラボ ホイップ泡カラーMANIC PANICを紹介してみましたwwwちょっとだいぶ説明不足かとは思いますが…




スポンサーサイト

Comment

Leave A Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。